CITY UP! 編集部

【泊まってみた】北欧テイストのおこもりホテル

2019年2月5日

2月1日、北の大地札幌に「JR東日本ホテルメッツ 札幌」がオープン!
JR東日本が北海道に?一体どんなホテル?その謎を探るべく早速札幌へGO!
札幌駅から徒歩2分、セルフチェックイン機で中に入ると、そこには北欧テイストの温かみのある空間がひろがっています。
何より驚いたのが部屋にあった「眠りの指南書」&「湯温計」。
指南書によると「38℃のお湯に30分、または40℃のお湯に10分がおすすめの入浴法」とのこと。
心地よい眠りにこだわったオリジナル寝具、洗い場付きのゆったりした浴室、北海道の特産品がならぶ朝食ビュッフェ。
山口出身の舛上支配人は、「北欧の人が家でゆっくりくつろぐように、居心地のいいホテルを目指していきたい」と意気込みを語ります。
JR東日本グループエリア外初出店のホテルは、早く観光に行きたいけれど、ここから出たくないと思わせる、誘惑の多いホテルでした。
(CITY UP!編集部4号)

このページでは、CITY UP!編集部がJR東日本が取り組んでいる旬なネタやイベント、フォトジェニックなスポットを取材し、独自の視点で紹介していきます!
詳細はこちら