新事業創造プログラム「ON1000(オンセン)」を始動します!~JR東日本グループ約7.5万人全社員を対象としたアイデア募集型プログラム~ - CITY UP!

PRESS RELEASE

新事業創造プログラム「ON1000(オンセン)」を始動します!~JR東日本グループ約7.5万人全社員を対象としたアイデア募集型プログラム~

2018年9月7日 東日本旅客鉄道株式会社

●東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤祐二)は、新たな事業の発掘とその事業化を目的として、新事業創造プログラム「ON1000(オンセン)」を始動します。「ON1000」プログラムでは、「既存事業の延長線上でない“非連続”な事業」をテーマに、JR東日本グループ全社員約7.5万人から新たな事業のアイデアを募集いたします。
●「ON1000」プログラムでは、社員一人ひとりの発想を起点に、小規模でも社会的にインパクトの大きな事業を次々と生み出すことを目指します。これにより、JR東日本グループはイノベーションを起こし続けることで、時代の変化に柔軟に適応できる企業グループとなることを目指します。
●JR東⽇本グループは、「変革2027」において、生活サービス事業を新たな「成長エンジン」として位置付けており、JR東日本グループの全社員を主役に働きがいを創出し、社員と当社グループの持続的な成長につなげます。

■「ON1000」概要
「ON1000」は、JR東日本グループの社員一人ひとりが、未来への想いを事業化していくプログラムです。
2017年度に開始したオープンイノベーション型のビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム」と並行し、JR東日本グループ内からも新事業創出を実現する「ON1000」の実施により、イノベーションが継続的に生まれる仕組みをつくり、「変革2027」の達成を目指します。

URL:http://www.jre-on1000.jp

数多くの新事業(1000のアイデア、100の新事業)が次々と生み出されるようにという想いを込めて、「ON1000(オンセン)」と名付けました。

1.募集テーマ
「既存事業の延長線上でない“非連続”な事業」
事業のスコープを社会全体に広げ、個人や生活者としての価値観で発想したアイデアを期待しており、社員が熱意をもって考えたものであれば応募可能としています。

2.対象者
職責や年齢に制限をせず、JR東日本グループの全社員約7.5万人を対象に広くアイデアを募集します。

3.プログラムの流れ
応募アイデアは、複数回の審査により、今年度内に優れたアイデアを選考します。2019年度より、ビジネスモデルづくりと実証実験等により事業化を目指します。
なお、今回プログラムパートナーとして、新しい製品・サービス・事業・企業体を連続的に生み出すStartup Studioである株式会社QUANTUM(クオンタム)を迎え、プロジェクト全体の企画・開発のほか、事業アイデアの創造を促進するワークショップの開催や、事業アイデアのブラッシュアップなどを共同で実施します。

【プログラムの流れ】

■株式会社QUANTUMについて
QUANTUMは、業種・業態が異なる複数の大企業や大企業とスタートアップ企業等、従来は交わることのなかった同志が共創し、新しい製品・サービス・事業・企業体を連続的に生み出すStartup Studio です。その原動力は、生活者発想と Creative Diversity。様々な専門性をバックグラウンドに持つ社員、 国内外の幅広いネットワーク、新規事業開発実践ノウハウを駆使して、生活を豊かに、世の中を楽しくする事業を創造します。

・所在地:〒105-0023 東京都港区芝浦1-13-10 第3東運ビル
・代表者:代表取締役社長兼CEO 高松充
・設立:2016年4月1日
・URL:https://www.quantum.ne.jp/