PRESS RELEASE

シェアオフィスの事業展開を目指し、実証実験を開始します~東京駅・新宿駅・品川駅構内にブース型オフィスを設置~

2018年11月6日 東日本旅客鉄道株式会社

 

○   東日本旅客鉄道株式会社は、グループ経営ビジョン「変革2027」のもと、「ヒトを起点とした価値・サービスの創造」をとおし、お客さまや地域の皆さまの「心豊かな生活」の実現を目指しています。
○   その一環として、JR東日本では、社会課題となっている働き方改革・生産性向上のサポート等を目的として、利便性が高く、移動時間ロスが少ない駅ナカ等におけるシェアオフィス「STATION WORK(※)」の事業展開にむけた検討を進めてまいります。
○   「STATION WORK」は、駅ナカを中心に、ブース型「STATION BOOTH(business/personal) (※)」、コワーキング型「STATION DESK(※)」、個室型「STATION OFFICE(※)」の3タイプのサービスを展開する予定です。
○   2019年度上期の事業展開を見据え、2018年11月28日(水)より、東京駅・新宿駅・品川駅の駅ナカにおいて「STATION BOOTH(business/personal)」の実証実験を開始します。
※商標登録出願中

1. サービス概要
「STATION WORK」では、以下のサービス提供を予定しております。

2.「STATION BOOTH (business/personal)」の実証実験について
2018年11月28日(水)より約3か月間、ブース型オフィス「STATION BOOTH(business/ personal)」の実証実験を下記のとおり実施します。

※予告なく実証実験を中止する場合がございます。

※予告なく実証実験を中止する場合がございます。

▶「STATION BOOTH」外観(イメージ)

▶「STATION BOOTH」内部(イメージ)

【別紙】
 ​1.実証実験「STATION BOOTH」設置場所

2.実証実験「STATION BOOTH」利用イメージ