PRESS RELEASE

~JR東日本スタートアッププログラム2018の採択企業について~23件の提案を採択、発表会で”スタートアップ大賞”を決定します!

2018年11月6日 東日本旅客鉄道株式会社

○東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕)は、ベンチャー企業と協業し新たなビジネス・サービスを実現する 「JR東日本スタートアッププログラム2018」を進めてきました。
○2018年4月から募集を開始し、当社グループと協業でテストマーケティングを行う「アクセラレーションコース」、事業構想の具体化を支援する「インキュベーションコース」の2コースで合計182件の提案をいただきました。
○審査の結果、「アクセラレーションコース」18件(海外からの応募2件を含む)、「インキュベーションコース」5件、合計23件の提案を採択しました。
○採択した提案及び協業内容の発表会を2018年11月29日(木)に開催し、優れた提案に対して総合グランプリの「スタートアップ大賞」、コース別「最優秀賞」、全提案の中から「優秀賞」を決定します。「アクセラレーションコース」の採択企業は、順次テストマーケティングを行っていきます。

1.   「JR東日本スタートアッププログラム」とは
ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年に初めて開催し、2回目の今回は新たに「地域」「海外」というテーマを追加。「アクセラレーションコース」、「インキュベーションコース」の2コースで、地域資源を活用した協業プランや、海外のベンチャー企業が日本に進出する足掛かりとなるような協業プランの募集をしました。

2.    「アクセラレーションコース」の採択企業
「アクセラレーションコース」は、既に自社の製品・サービスまたはプロトタイプを有し、概ね起業10年以内の企業を対象として、年度内にテストマーケティングを実施することを目指すコースです。5月31日(木)までの応募期間中に111件の提案をいただきました。その後、書類審査とプレゼンによる審査を経て、協業内容を検討してきました。その結果、「地域」「海外」テーマの提案を含む18社を採択し、年度内にテストマーケティングを行います。

3.    「インキュベーションコース」の採択企業
「インキュベーションコース」はこれから起業または起業後間もない方を対象として、JR東日本グループにおける事業アイディアの採用や当社グループの支援のもと事業を具体化することを目指すコースです。
5月31日(木)までの応募期間中に71件の提案をいただき、書類審査を経て5提案を採択しました。採択された方々とは、今後、JR東日本、JR東日本スタートアップ株式会社およびグループ会社等とともに、提案内容への支援や事業の具体化に向けた検討を行ってまいります。

4.    発表会について
審査により採択された「アクセラレーションコース」18件、「インキュベーションコース」5件、合計23件の提案の中から、社外審査員を交えてスタートアップ大賞、最優秀賞、優秀賞を決定します。なお、受賞企業および受賞者につきましては、後日、HP(https://www.jreast.co.jp/jrestart/)にてお知らせします。

(1)開催日
2018年11月29日(木)

(2)審査員
学習院大学 国際社会科学部 教授  伊藤 元重氏
Globis Capital Partners Managing Partner  仮屋薗 聡一氏
株式会社コラボラボ 代表取締役  横田 響子氏
守屋実事務所 代表  守屋 実氏
東日本旅客鉄道株式会社 常務取締役事業創造本部長  新井 健一郎
東日本旅客鉄道株式会社 常務取締役総合企画本部長  喜㔟 陽一

伊藤 元重
東京大学名誉教授
学習院大学国際社会科学部 教授

専門は国際経済学。ビジネスの現場を歩き、生きた経済を理論的観点を踏まえて鋭く解き明かすウォーキング・エコノミストとして知られる。復興推進委員会委員長や経済財政諮問会議議員等数々の要職に従事。

仮屋薗 聡一
Globis Capital Partners
Managing Partner

グロービス・キャピタル・パートナーズでは世界各国の機関投資家より約500億円の資金を預かり、日本における有望ベンチャー企業へ、成長のために必要となる「ヒト(人材)」「カネ(資金)」「チエ(経営ノウハウ)」の総合的な支援を行っている。​

 

横田 響子
株式会社コラボラボ 代表取締役

1,900社を超える女性社長コミュニティをサポートしながら女性社長を紹介する「女性社長.net」、女性社長300名が集結するイベント「J300」を企画運営。大手企業を中心とした新規事業の立ち上げ、販促支援など多数プロジェクトを運営。

守屋 実
守屋実事務所 代表

新規事業立ち上げのプロフェッショナル。株式会社ミスミを経て、株式会社エムアウトの創業に参画、2010年、守屋実事務所を設立、ラクスル株式会社、ケアプロ株式会社の立上げに参画、副社長を歴任後、ブティックス株式会社、株式会社セルムなどの経営に参画する。

5.    STARTUP_STATIONの展開について
「アクセラレーションコース」採択企業との協業プランのご紹介と、一部の協業プランのデモンストレーションを目的として、以下のとおりSTARTUP_STATIONを展開します。

(1)開催日時
2018年12月3日(月)~2018年12月9日(日)各日11:00~18:00
※12月3日のみ14:00から

(2)場所
STARTUP_STATION(大宮駅西口イベントスペース)

(3)展開内容
①AdAsia Holdings(アドアジア ホールディングス)Pte. Ltd.のダイナミックDOOH(屋外デジタル広告)の検証
②株式会社エアークローゼットのIoTを活用した無人パーソナルスタイリング体験ブース
③株式会社Showcase Gig(ショーケース ギグ)のスマートフォンアプリとキオスク端末を利用した無人オーダーカフェ体験ブース
④株式会社TBM(ティービーエム)の再生可能素材「LIMEX(ライメックス)」傘の展示
⑤メトロエンジン株式会社のAIを活用した年末年始の新幹線混雑予想の表示(デジタルサイネージ)
⑥Motionloft(モーションロフト),Inc.のAIカメラを活用した流動調査と広告媒体の認知率調査
⑦「アクセラレーションコース」18社の協業プラン紹介(デジタルサイネージ)

  • 現在関連する記事はありません。