「東京駅北通路周辺整備」先行開業第二弾 2020年に誕生する約70店舗・約6,300㎡の新たな商業エリア開業に先駆け“パン好きの聖地”と呼ばれる人気ベーカリーの東京初出店や東京銘菓を取り揃えたセレクトショップなど3ショップがオープン - CITY UP!

PRESS RELEASE

「東京駅北通路周辺整備」先行開業第二弾 2020年に誕生する約70店舗・約6,300㎡の新たな商業エリア開業に先駆け“パン好きの聖地”と呼ばれる人気ベーカリーの東京初出店や東京銘菓を取り揃えたセレクトショップなど3ショップがオープン

2019年6月10日 株式会社鉄道会館

開業日:2019年7月10日(水)


JR東日本グループの株式会社鉄道会館(東京都千代田区 / 代表取締役社長 平野邦彦)は、JR東日本により2012年から進められている「東京駅北通路周辺整備」の一環として、東京駅に新たな商業エリアの開発を進めています。本開発は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前の全体開業を目指しており、店舗数約70ショップ・店舗面積約6,300㎡の規模を予定しています。

この度、2019年7月10日(水)に、先行開業第二弾として、新たに3ショップがオープンすることが決定しました。新たにオープンするのは、“パン好きの聖地”と呼ばれる千葉県松戸市のベーカリー「Zopf」が東京に初出店するカレーパン専門店「Zopf カレーパン専門店」や、“東京みやげ”にふさわしい人気銘菓・限定商品を取り揃えたギフトのセレクトショップ「HANAGATAYA グランスタ東京中央通路店」など3店舗です。

「Zopf カレーパン専門店」外観イメージ

「HANAGATAYA グランスタ東京中央通路店」外観イメージ

 

【「東京駅北通路周辺整備」新商業エリア全体概要】

所在地   東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅地下1階、1階 改札内外
ショップ数 約70店舗
店舗面積  約6,300㎡
業種    飲食、食物販、雑貨等
開発運営     株式会社鉄道会館


(地下1階 イメージ)


(吹き抜け部分イメージ)

 

<東京駅新商業エリア先行開業第二弾 店舗詳細>

店舗名:Zopf (ツオップ)カレーパン専門店 ※東京初出店(位置図内①)

業種:ベーカリー(カレーパン専門店)
店舗規模:約12㎡/イートインスペースなし
店舗紹介:
千葉県松戸市の駅から遠く離れた閑静な住宅地の中にひっそり佇みながら、“パン好きの聖地”と呼ばれ多くの人を集める「Zopf」。1日に700個ほど売れ、Zopfで不動の一番人気を誇るオリジナルカレーパンを、東京駅にて揚げたてで提供します。パンファン垂涎の専門店です。

《注目商品》
・『ツオップ オリジナル カレーパン』
牛肉をたっぷり使いスパイシーに仕上げたカレーフィリングをモチモチしたやや甘めの生地が引き立てます。
粗目のパン粉をつけてじっくり香ばしく揚げるカレーパンは、ボリュームもあり、1個でしっかり満足感があります。

 

店舗名:HANAGATAYA グランスタ東京中央通路店※新ブランド位置図内②)

業種:土産・弁当
店舗規模:約103㎡
店舗紹介:
“東京みやげ”にふさわしい人気銘菓はもちろん、ここでしか買えない限定商品まで、厳選したお土産やこだわりのお弁当もご用意した食の総合セレクトショップです。
店頭イベントでは定期的にブランドが入れ替わり、新しい東京みやげを発信していきます。

《注目商品》
・グレープストーン 『東京ばな奈バターマドレーヌ、「見ぃつけたっ」』
新商品/東京駅限定
4個入560円、8個入1,080円、12個入1,620円
東京駅中央通路店限定で新発売!バターの香ばしいかおりにバナナコンフィチュールを添え、レモンの風を優しく生地に包んで焼き上げたNEWマドレーヌが誕生です。

・東京ひよ子 『トロワアンプレス ショコラひよ子』
3個入648円、6個入1,188円
まったく新しい、三層のひよ子が新登場。カカオの薫り広がる2種のチョコレート。東京駅のココだけ限定販売です。

 

店舗名:ニューデイズ グランスタ東京中央通路店(位置図内③)

業種:コンビニエンスストア
店舗規模:約71㎡
店舗紹介:
「移動」「時間」など、制約が多いエキナカニーズに対応した商品やサービスを提供し、駅をご利用になられるお客さまをサポートするコンビニエンスストアです。

《注目商品》
・『おにぎり』
米・塩・海苔・具材にこだわった粒立ちの良いふっくらとしたおにぎりです。

 

【位置図】
1F

B1

 

参考資料
■「東京駅北通路周辺整備」について

○JR東日本では、「東京駅が街になる」という 「Tokyo Station City」のコンセプトのもと、丸の内駅舎の保存・復原、グラントウキョウノースタワー・グラントウキョウサウスタワー・グランルーフの開業、八重洲駅前広場の整備など、東京駅構内・駅周辺の整備を順次進めてまいりました。

○2012年に着手いたしました改札内北通路の改良工事とあわせ、中央通路と北自由通路間の改良工事を実施しています。

○これにより、バリアフリールートの増設、待合広場の開設をはじめとした駅サービス機能の強化、新たな店舗展開等により、利便性・快適性の向上、魅力的なエキナカの展開を図り、日本の表玄関にふさわしい駅へと更なる進化を図ってまいります。

○2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前の完成を目指し工事を進めてまいります。

位置図

(全体整備概要)
・所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅地下1階、1 階改札内外
・整備面積:約17,600㎡(駅サービス施設、コンコース、自由通路、店舗等)
・昇降設備:エレベーター 3 基 (地下1 階~1 階~ホーム階)
段差対応エレベーター 1 基 (地下1 階~1 階~新幹線中央乗換口前)
エスカレーター 4 基 (地下1 階~1 階)、エスカレーター 9 基 (1 階~ホーム階)
・駅サービス施設:待合広場(約500 ㎡)、ベビー休憩室、免税カウンター、地下1 階改札口
〔再配置〕 改札内トイレ、ステーションコンシェルジュ、外貨両替