世界6都市のデザイナーが山手線エリアに滞在する 「TOKYO SEEDS PROJECT 2019」を開催します! ~今年度は有楽町エリア・品川エリア・恵比寿エリアで開催~ - CITY UP!

PRESS RELEASE

世界6都市のデザイナーが山手線エリアに滞在する 「TOKYO SEEDS PROJECT 2019」を開催します! ~今年度は有楽町エリア・品川エリア・恵比寿エリアで開催~

2020年1月14日 東日本旅客鉄道株式会社東京支社

  • JR東日本では、山手線を起点にまちの個性を引き出し、まちや人が有機的につながる、心豊かな都市生活空間「東京感動線」を創り上げていく取り組みを推進しています。
  • このたび「東京感動線」の取り組みとして、世界6都市のデザイナーが山手線沿線に滞在し、沿線の個性豊かなまちを駅社員とともに体験し、世界目線でまちの魅力を発掘・発信する「TOKYO SEEDS PROJECT 2019」を開催します。今年度の対象は有楽町・品川・恵比寿エリアです。
  • また、本取り組みの様子をwebページや、東京感動線公式SNSにて取り上げることにより、これまでと違ったコミュニケーションでまちの魅力を国内外に向け発信します。

 

1.開催概要
⑴実施期間 2020年1月15日(水)~24日(金)
⑵参加デザイナー出身国 アイルランド、アメリカ、アルゼンチン、シンガポール、ニュージーランド、南アフリカ共和国
※デザイナーの詳細は下記をご参照ください

⑶実施エリア 有楽町エリア、品川エリア、恵比寿エリア
⑷内容 世界5大陸6つの国・地域より6名のデザイナーを招聘し、期間中は山手線沿線に滞在しながら、当社社員とともに沿線の様々なまちを体験。普段は各駅で働く駅社員が、駅を飛び出しデザイナーのアテンドを行います。デザイナーは数日間の提案発表のためのワークの後、帰国前にその経験や体験を基にした「世界目線でみたまちの魅力」や「まちの魅力を高めるコミュニケーションデザイン」を提案します。

※本プログラムは、2015年から2018年まで独立行政法人国際交流基金と一般社団法人つむぎやが実施した「Door to ASIA(http://door-to.asia)」のコンセプトを元に生まれたプログラムです。

 

2.SNSでの情報発信について
期間中は、東京感動線公式SNSを通じて、取組みの行程や様子を随時発信してまいります。
Twitter  :https://twitter.com/tokyo_moving_o
Facebook :https://www.facebook.com/tokyo.moving.round.jp
Instagram:https://www.instagram.com/tokyomovinground/

また、TOKYO SEEDS PROJECTの詳細をご紹介するWebページを立ち上げました。
今年度の様子だけでなく、過去2年間行ったデザイナーとの山手線沿線でのディープな体験の行程・様子や、デザイナーからの提案発表の内容をご覧いただけます。
Webページ:https://www.jreast.co.jp/tokyomovinground/exhibition/tokyoseeds/

 

TOKYO SEEDS PROJECT 2019 参加デザイナープロフィール

Xingying シンイン
Singapore

シンガポールを拠点にクリエイティブの活動をしている。
優れたデザインは私たちの生活に価値と意味をもたらす力があると信じ、すべてのプロジェクトで、新たな高みに到達するために自分の境界を押し広げている。シンガポールに拠点を置くクリエイティブエージェンシーBLACKのシニアデザイナー。

Barry Maitland Stuart バリー・メイトランド・スチュアート
South Africa


南アフリカのヨハネスブルグ出身のデザイナー。ジェシカ・パウロと共にGarage Eastのクリエイティブディレクターを務めている。
企業クライアントとの仕事のほか、製品関連の事業だけでなく、社会および市民社会のプロジェクトにも焦点を当てて活動を行っている。

Sarah Baugh サラ・ボー
USA

コロラド州デュランゴを拠点に活動するアメリカのグラフィックデザイナー。自然と人間の環境(農村、郊外、都市)の交わる所と、ビジュアルストーリーを通してこれらを活性化し共有する方法に特に興味がある。
文化団体、中小企業のブランディングに取り組むなど、主に共同作業でデザインを実践している。

Florencia Gavilian フロレンシア・ガビラン
Argentina


ブエノスアイレス出身のグラフィックデザイナー兼イラストレーター。
エディトリアル、児童書のイラストレーションから、ブランドアイデンティティプロジェクトまで、幅広い領域のデザインを手掛けている。

Karl Toomey カール・トゥミー
Ireland


アイルランド出身、ロンドン在住のデザイナー。クリエイティブ分野において遊び心満載のデザインや、社会問題を考えるきっかけにつながるデザインに取り組んでいる。これまでNike、BBC、ユニクロやグーグルなどのグローバルブランドのクリエティブプロジェクトを牽引。また、プライベートでは書籍の自費出版や、展示会の開催などに加えて、ロンドンとダブリンの大学では講義も受け持っている。

Megan Au ミーガン・オー
New Zealand


オークランド出身のデザイナー、AUTでデザイン学士、コミュニケーションデザインを取得。
現在、Alt Groupで様々な業界のプリントおよび映像メディアのプロジェクトに取り組んでいる。ビジネス、文化的景観、社会全般に貢献することができる思慮深いデザインの力を信じている。