PRESS RELEASE

竹芝地区船着場(ウォーターズ竹芝前)・竹芝干潟の使用開始と アトレ竹芝第Ⅰ期開業日決定について

2020年6月10日 東日本旅客鉄道株式会社

○ JR東日本グループは、グループ経営ビジョン「変革2027」のもと、「ヒトを起点とした新たなサービスの創造」に取り組み、「CITY UP!」をスローガンに、多様な魅力あるまちづくりの実現に向け複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」を展開しています。
○ 新たに整備される「竹芝地区船着場(ウォーターズ竹芝前)」を発着する定期航路船の運航が2020年6月19日より開始します。また同船着場と羽田空港を結ぶ「羽田空港アクセス船」の実証実験も7月13日より開始します。
○ 「竹芝干潟」において、環境再生・環境学習の取組みを2020年7月18日より開始します。
○ 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開業を延期していたアトレ竹芝第Ⅰ期を2020年6月17日に開業します。
 

1.竹芝地区船着場(ウォーターズ竹芝前)・竹芝干潟について
 一般社団法人竹芝エリアマネジメント(以下「竹芝エリアマネジメント」)と東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)は竹芝地区の利便性・魅力向上に向けた取組みの一環として、竹芝エリアマネジメントが「WATERS takeshiba」の前面の汐留川の占用許可を受け、JR東日本が船着場・干潟の整備を行っています。

(1)定期航路船
 舟運事業者と連携し、地域の皆さまや観光のお客さまにご利用いただける「水上バス」を定期運航させることで、アクセス性、回遊性を向上させ、竹芝地区の利便性・魅力向上に取り組みます。


※天候やその他事情により、運行開始日が変更となる場合がございます。
※詳細は各舟運事業者HPをご参照ください。
 

(2)実証実験「羽田空港アクセス船」の運航開始
 舟運事業者と連携し、竹芝と羽田空港を結ぶ「羽田空港アクセス船」の実証実験を実施することで、竹芝地区の新たな交通手段の可能性を検証します。今回、2つのプランを用意していますが、いずれもご利用いただく船は貸切となり、水辺の新たな体験価値をご提供します。竹芝地区のホテル、オフィス、住民の皆さまや来街者など広くご利用いただけます。
・運航開始日:2020年7月13日
・運航時間 :10:30~日没
・乗客定員 :11名
・予約開始日:2020年7月1日
・舟運事業者:観光汽船興業株式会社
・運航ルート (別紙1参照)

使用船舶「リムジンボート」

 

①ベーシックプラン(リムジンボート+タクシー送迎サービス)
 竹芝地区と羽田空港最寄り船着場を結ぶ貸切リムジンボートを運航します。羽田空港国際線・国内線ターミナルタクシー乗り場と最寄りの船着場まではタクシーの送迎サービスをご利用いただけます。

・予約受付:観光汽船興業(株) TEL:03-6666-8414 (月曜~土曜日 11:00 ~ 19:00)
      HP Contactフォームより(https://www.limousineboat.com
・予約期限:乗船予定日の6日前の昼12:00まで
・料金  :31,900円(税込)~
 

②トータルサポートプラン「リムジンボート+ハイヤー送迎(英語対応)・手荷物運搬サービス」
 お客さまを羽田空港国際線・国内線ターミナルの到着ロビーにて、お出迎えします。羽田空港から天空橋船着場までは、ハイヤーにてご送迎し、お客さまのお手荷物はハイヤーにて直接竹芝地区の目的地へお届けいたします。ご利用のお客さまは、お荷物を持つことなく水上の旅をお楽しみいただけます。

・予約受付:メズム東京、オートグラフ コレクション
      TEL:03-5777-1111(月曜~日曜日 10:00 ~ 17:30)Mail(embassy@mesm.jp)
・予約期限:乗船予定日の1週間前まで
・料金  :50,000円(税込)~
・その他 :メズム東京、オートグラフ コレクションご宿泊以外のお客さまにもご利用いただけます。
 

(3)「竹芝干潟」における環境再生・環境学習の取組み開始について
 かつて東京湾に多く生息した貝類、甲殻類や多様な生き物が生息できる連続的な環境の保全・再生を目指し、干潟の整備を行っています。2020年7月18日より、竹芝干潟をフィールドとして、教育・研究機関などと連携しながら、かつての豊かな江戸前の海であった東京湾の環境再生、環境学習の活動を実施していきます。

竹芝干潟イメージ図

 

2.アトレ竹芝第Ⅰ期開業 -新業態を含む6店舗が6月17日(水)OPEN!-
 アトレ竹芝は浜離宮を臨みながらゆったりとした空間を愉しめる、初の駅ソトアトレです。このたび、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開業を延期していましたが、2020年6月17日に開業します。今回開業となるタワー棟(一部)には、海外ビール・ワインの輸入販売や「世界のビール博物館」などの飲食運営を行うワールドリカーインポーターズ株式会社の新業態「ブラウアターフェル」や、パリ発のオーガニックスーパー「ビオセボン」など6店舗がオープンします。

アトレ館内イメージ

 

■開業店舗リスト(詳細は別紙2参照)


別紙1
■運航ルート 「羽田空港アクセス船 運航ルート」

「(C)Yahoo Japan ,(C)ZENRIN」 「(C)Yahoo Japan」 Z17LE第1041号

 

別紙2
■アトレ竹芝第Ⅰ期開業店舗一覧

【ブラウアターフェル】 ★新業態/アトレ初出店 ワールドリカーインポーターズ株式会社

「ブラウアターフェル」は、ドイツ語で醸造家の食卓。フランス ラルナージュの白土で作られた重さ1.2トンの石釜を使用し、400度以上の高温で瞬時に焼き上げたカリッとジューシーな窯料理をお楽しみいただけます。日本初上陸となるアメリカで大流行のクラフト・ハードサイダーも35種類以上をご用意しました。


【Bio c’ Bon(ビオセボン)】 ★アトレ初出店 ビオセボン・ジャパン株式会社

「ビオセボン」は、パリ発のオーガニックスーパーマーケットです。“新鮮な生鮮食品”と“日常使いできる品揃え”が人気で、フランスを中心にヨーロッパで140店舗以上展開中。店内にはナッツやドライフルーツの量り売りコーナーや、話題の直輸入植物性ミルク“ISOLA BIO”をはじめ、植物由来のスナック、チョコレートや肉製品代替えの大豆ミートなどのヴィーガン商品の品揃えが充実しています。


【the 3rd Burger】 ★アトレ初出店 ユナイテッド&コレクティブ株式会社

“Real Fresh ,Real Burger”がコンセプトの「the 3rd Burger」は、毎日食べても体が喜ぶ、これまでにない第3のハンバーガーカフェです。バンズは毎日店内で発酵から焼き上げまでを行い、パティは一切冷凍していないブロック肉を店舗に仕入れ一つ一つ作り上げています。ドリンクも、野菜や果実をふんだんに使ったこだわりのスムージーをご用意しております。


【珈琲館】 珈琲館株式会社

国産備長炭で焙煎した『炭火珈琲』や、銅板でじっくり焼き上げた昔ながらのホットケーキをはじめとする、彩り豊かな喫茶店メニューを数多くラインナップ。また、珈琲館のフラッグシップとしてオープンするアトレ竹芝店では、店舗限定のパスタを販売いたします。


【ナチュラルローソンクオール】 ★アトレ初出店 株式会社ローソン

「毎日だから大切に。」美と健康を考えたライフスタイルを身近でサポートする新しいコンビニエンスストアです。素材、鮮度にこだわった食材を厳選、食品の出来たてを追求し、栄養バランスを考え、カラダにやさしい低カロリーメニューをラインアップ。働く女性を中心に、広く愛されるお店を目指しています。


【和カフェ Tsumugi(ツムギ)】 ★アトレ初出店 株式会社プロントコーポレーション

「和カフェ Tsumugi(ツムギ)」は、和のモチーフや色(藍色)を取り入れた居心地のよい空間と、和テイストのドリンクやごはん、スイーツなどを取り揃えた、感度の高い女性たちのココロに響く新しいスタイルのカフェです。 創業百五十年以上の歴史をもつ大阪の老舗茶屋「袋布向春園(たふこうしゅんえん)本店」の日本茶を提供しています。


別紙3
<WATERS takeshiba 開発計画概要>

WATERS takeshiba HP:http://waters-takeshiba.jp/
WATERS takeshiba instagram:https://www.instagram.com/waters_takeshiba/
 

<WATERS takeshiba 配置・フロア構成>