PRESS RELEASE

シェアオフィス事業の拡大で働き方改革を加速します ~「STATION WORK」の1,000カ所展開を目指すとともに、ワーケーションの推進を行います~

2020年9月3日 東日本旅客鉄道株式会社

○ JR東日本は、お客さまの「新しい働き方」に対するニーズに対応するため、シェアオフィス事業を拡大するとともに、駅や駅ビル、ホテルなど当社グループ資産の新たな利用価値を高めていきます。
○ 「働く人の“1秒”を大切に」をコンセプトとしたシェアオフィス事業STATION WORKは、本年8月26日のいわき駅での開業により当初目標の30ヵ所を達成しました。さらに1年以内に100ヵ所に拡大する予定です。
○ 今後働き方改革の推進を目的とし、時差通勤支援やJRE POINTのサービスを拡充するとともに、まちなかへの出店やホテルなどへの提携拡大、新サービス開発により、2025年度までに全国で1,000ヵ所の展開を目指します。
○ また、地方におけるワークスペース利用と移動サービスを組み合わせた「ワーケーション」や外部サービスとの連携を推進し、新たなライフスタイルの創出を行っていきます。

1.STATION WORKの概要

(1)30カ所の展開概要
「集中して作業を行いたい」「周囲を気にせずWEB会議を行いたい」といったニーズの高まりから、利用が増加しています。衛生面でも、清掃・消毒の徹底に加え、抗菌・抗ウィルスコーティング(STATION BOOTH)や紫外線照射装置の設置(STATION DESK)などの対策を施し、安心してご利用いただける環境を提供しています。

※1 品川、高輪ゲートウェイ、有楽町はそれぞれJR品川イーストビル、スターバックスコーヒー、住友生命「Vitality」プラザ有楽町店内にあります。また年末年始などのビルや店の休館日に順じ、休業する場合があります。
※2 「STATION SWITCH」は、株式会社ジェイアール東日本ビルディングが運営するワークスペースです。「STATION WORK」会員専用ではありません。
※3 JR東日本ホテルメッツでは、客室をワークスペースとして提供しますが、プランによっては寝具・バスルーム・タオル・アメニティなど、ご利用いただけない場合があります。

(2)会員数など(2020年8月末時点)

2.当面の計画

 (1)展開の拡大
今秋18カ所の開業により計48カ所(40駅)展開となります。今後1年以内に100カ所に拡大予定です。
STATION BOOTH: 秋葉原・神田・新橋・大崎・四ツ谷・赤羽・北千住・大宮[2カ所]・武蔵浦和・千葉・
西船橋・船橋・幕張本郷・海浜幕張・新浦安 
※具体的な設置場所や台数については、専用Webサイトなどより改めてお知らせします。

提携店: JR東日本ホテルメッツ水戸、MOYORe:(モヨリ)[新潟]

(2)駅ナカ店舗でのドリンク割引サービス
 2020年9月29日から12月末まで、「BECK’S COFFEE」、「5CROSSTIES COFFEE」などの駅ナカカフェおよび「NewDays」においてSTATION WORK会員を対象としてドリンクやEKI na CAFEカウンターコーヒーを割引します。これにより「朝は駅でテレワークしてから、混雑を避けて通勤する」新しい時差通勤を推進します。割引サービスのご利用は、店頭告知をご確認の上、STATION WORK専用Webサイトのログイン画面を店頭でご提示ください。
(3)JRE POINT付与の拡大による会員サービスの充実
 2020年9月下旬より、個人会員の方がビューカードのクレジット払いでお支払いただくと、通常の3倍、1,000円(税込)につきJRE POINTが15ポイントたまるサービスを開始します。
 

3.今後の拡大について

(1)STATION WORKの展開拡大
①多様な立地展開
都市型に加え、住宅の近くや郊外で働くニーズが高まっていることを受け、展開エリアを拡大します。
②提携の推進
JR東日本ホテルメッツやSTATION SWITCHに加え、ソロワークに最適なスペースを持つ事業者の方々に提携を募集し、拡大します。これにより、どこでもスピーディに働けるネットワークを構築します。
③新サービスの開発
これまで集合型のオフィスが担っていた会議室やプロジェクトルームといった機能を、ミーティングブースや月単位で借りられるスモールオフィスとして切り出し、多様なテレワークニーズに対応します。

(2)ワーケーションの推進  
JR東日本グループが持つ地方の資産や地域にある観光資源をワークスペースとして再定義し、新幹線などの移動を組み合わせたワーケーションを提案します。具体的には、新潟県湯沢町のスキー場「GALA湯沢」を通年型山岳リゾートとして提案する他、外部サービスと連携し、JR東日本グループ宿泊施設の一部に定額制多拠点居住サービス※を導入します。「休暇+テレワーク」といった豊かな働き方により生産性向上と観光活性化を両立させ、地方創生と新たなライフスタイルの創出に貢献します。
※定額制多拠点居住サービス…年会費もしくは月会費をお支払いいただくことで、登録された拠点どこでも自由に使用でき、生活の拠点とすることができるサービス

具体的な取り組み1  GALA湯沢にて通年型「山岳リゾートワーケーション」検討開始
湯沢エリアへの年間を通じた人の流れを創出すべく、10月上旬からモニターを募集し、リモートワークとアクティビティを体験できる「ワーケーションツアー」を開催します。この取り組みによりニーズの把握を行い、事業化を進めていきます。

具体的な取り組み2  JR東日本グループ宿泊施設でのADDress定額プランの利用拡大を推進
ホテルファミリーオみなかみは、㈱アドレスと連携し、JR東日本グループの宿泊施設では初となる定額制多拠点居住サービス「ADDress」を導入しています。今後「ファミリーオ」、「フォルクローロ」を中心に、地方における連携を推進していきます。