PRESS RELEASE

日本初!! ホーム上シェアオフィス 3カ所OPEN ~WEB会議対応の完全個室の快適環境、衛生対策にも配慮~

2021年2月18日 東日本旅客鉄道株式会社

〇 JR東日本は、お客さまの「新しい働き方」へのニーズに対応するため、2023年度までにシェアオフィス事業STATION WORKの1,000カ所展開を目指しています。
〇 日本初のホーム上シェアオフィスとして、三鷹駅(上り/下り)・西国分寺駅に3カ所OPENします。
〇 室内は、WEB会議などに活用いただける完全個室「CUBE」や、ハイパーテーション型の半個室「SHELTER」からなり、ニューノーマルの働き方に対応しています。
〇 環境・衛生対策として、アロマや専用BGMにより快適な環境を提供するほか、抗ウイルス効果の高い床材や紫外線照射による空間除菌装置を導入するなど、安心してご利用いただける空間を提供します。

1.概要

※1 予約開始日は、「STATION DESK西国分寺」は2021年2月24日18時、「STATION DESK三鷹(上り/下り)」は2021年3月24日18時を予定しています。
※2 個人会員の登録にはSTATION WORK専用WEBサイト(https://www.stationwork.jp/)からの登録が必要です。法人会員登録には、JR東日本との法人契約が必要です。
※3 年末年始や設備点検時等、予告なく休業となる場合があります。あらかじめご了承ください。
 

2.完全個室「CUBE」とハイパーテーション型「SHELTER」
「STATION DESK西国分寺」「STATION DESK三鷹(上り/下り)」では、新たなシートタイプとして完全個室「CUBE」を導入し、WEB会議などに安心して活用いただける空間を提供します。また、ハイパーテーションに囲まれ高いセキュリティ環境で執務が可能な「SHELTER」もご利用いただけます。


 

3.環境・衛生対策
 お客さまに、より快適な環境で安心してご利用いただくために様々な環境・衛生対策を実施しています。

抗ウイルスアロマ/アットアロマ㈱
https://www.at-aroma.com/

 アットアロマ㈱では、心地よさと機能性のあるアロマ空間デザインや、香りによるブランディング・CIを手掛けています。
 「STATION DESK三鷹(上り/下り)」「STATION DESK西国分寺」では、空気中の浮遊ウイルスに対して、除去効果が期待できるティートリーを中心としたアロマオイル「C10 CLEAR TEA TREE」を採用し安心空間を提供します。

専用BGM/㈱神山聴景事務所
http://soundscapedesigner.jp/index.html

 ㈱神山聴景色事務所では、「音も内装デザインの1つ」という考えの元、その場に調和した音響・音楽デザインを各所で行なっています。
 今回開業の3カ所においては、録音した駅の環境音や楽器をMIXしたオリジナルの音源を、最適配置のスピーカーから届けることで、電車音などが聞こえる環境下においても心地いい音空間を実現しました。

抗ウイルスカーペット/㈱スミノエ
http://carpet-tiles.jp/ja/products/series/11

 ㈱スミノエは、住江織物グループとして、カーペットやカーテンなどの商材を扱っています。
 STATION DESKで採用するタイルカーペットは、固定化抗菌成分「Etak®」を、抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ®」により繊維表面に強力に固定化させる技術を、クラボウとの取り組みによりカーペットに加工したものです。耐久性にも優れ、安心で快適な環境を提供します。
※抗ウイルス加工は、ウイルスの動きを抑制するものではありません。
※抗菌性、抗ウイルス性の評価に関しましては、クラボウの独自評価によるものです。
※「CLEANSE®/クレンゼ®」は、クラボウの登録商標です。
※「Etak®/イータック®」は、株式会社Campus Medicoの登録商標です。

空間除菌消臭装置Aeropure/日機装㈱ ※代理店㈱シー・アイ・シー
https://www.nikkiso.co.jp/
https://www.cic-net.co.jp/

 Aeropureは、医療機器メーカーの日機装が開発した空間除菌消臭装置です。深紫外線LEDの技術を活用し、菌やウイルス、においなどを低減します。深紫外線LEDは、日機装がノーベル物理学賞受賞者の天野教授とともに研究開発を行い、世界に先駆けて量産化を確立した技術で、多くの医療機関をはじめ飲食店や宿泊施設など幅広い業界で感染対策として利用されています。
 人体に有害な深紫外線が外に漏れない構造のため、安心してご使用頂けます。

 

上記以外にも、定期的な清掃やアルコール消毒剤の設置などをとおして安心してお使いいただける重層的な対策を施しています。
 

4.STATION WORKについて
 駅ナカのSTATION BOOTHのほか、ホテルやフィットネスジム、コンビニ、カフェなど多様なワークスペースを提供するJR東日本のシェアオフィス事業は、2023年度1,000カ所体制に向けてネットワークを拡げています。

▶STATION WORKブランド

▶100カ所ネットワークマップ(2020年度末)