PRESS RELEASE

駅から“つながる”オンラインコミュニティを創る実証実験を行います! ~「JREオンラインステーション 山手線サークル」をオープン~

2021年10月13日 東日本旅客鉄道株式会社/クオン株式会社

〇東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤 祐二、以下「JR東日本」)は、クオン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 隆、以下「クオン」)と連携し、Beyond Stations構想の一環として、駅から“つながる”オンラインコミュニティを創る実証実験を行います。

〇実証実験では、JR東日本のファンコミュニティ「JREオンラインステーション」をオープンし、山手線をテーマとした「山手線サークル」を開設します。コミュニティ内ではほかのユーザーとつながりながら、山手線沿線の多様な個性をもつ駅やまちの新たな魅力を発見し、共有し合うことができます。

〇鉄道をご利用のお客さまや沿線にお住まいの皆さまなど、ユーザーとの“つながり”をオンライン上で創発することで、駅やまちの可能性を広げ、お客さまの「心豊かな生活」を実現していきます。

1.「JREオンラインステーション」について

(1) 「山手線サークル」について
 「JREオンラインステーション 山手線サークル」は、クオンが運営するファンコミュニティクラウド上にあるJR東日本の“モール型”ファンコミュニティです。ユーザーは、ショッピングモールの中心にある広場にあたる「山手線総合掲示板」でコミュニケーションやキャンペーンを楽しみながら、ショッピングモールの各店舗にあたる全30駅の「駅ごとのサークル(例:東京駅掲示板)」にも自由に参加し、回遊することができます。

※ファンコミュニティとは、企業・自治体と生活者、および生活者同士が双方向につながるネットワークです。クオンが運営するファンコミュニティクラウドには現在、200万人超のユーザーと40社超の企業公式コミュニティが集まっています(2021年10月13日現在)。「安全・活性・拡張・解析」の4つの要素を備えた各社のコミュニティには、平均して月に3,000以上の発言や5万以上の拍手(同意や応援の意を表す)が届くなど、絶えず活発なやりとりが交わされています。

(2) 実証実験の概要
 今回オープンする「JREオンラインステーション 山手線サークル」では、ユーザー数やリアクション数、コメントの内容など、質と量の変化を通じて、オンライン上での“つながり”がもつ可能性を探ります。またコミュニティに蓄積されるユーザーの声やリアクションなどのデータを解析することで、駅のニーズやまちの魅力を明らかにします。

■ サービス開始日:2021年10月14日10:00 ※当面の間実施
■ 「JREオンラインステーション 山手線サークル」サイトURL
  https://www.beach.jp/community/YAMANOTESEN
■ 利用方法
 上記URLトップページから「新規登録」を押し、利用規約に同意いただき、メールアドレスをご入力ください。ユーザー登録用のURLを記載したメールをお送りします。メール本文にあるURLにアクセスし、手順に沿ってご登録ください。


 

2.「JREオンラインステーション」が目指す姿

(1) コミュニティについて
 「JREオンラインステーション」は、駅をご利用のお客さまや近隣にお住まいの皆さまなどがユーザーとして交流し、Beyond Stations構想の“つながる”場となります。JR東日本とユーザー、ユーザー同士、周辺エリアの人々との双方向の交流をクオンのファンコミュニティ運営のノウハウにより活性させます。また、活動の結果蓄積されたデータをデータサイエンスの特許技術で解析し、活用することで、地域の活性化を促進し、オンラインから駅をまちや人と“つながる”プラットフォームへと変革させていきます。

(2) コミュニティ参加によるユーザーのメリット
 ユーザーは、他のユーザーの投稿やユーザー同士のコミュニケーションから、今まで知らなかった駅やまちの魅力を知ることができたり、思い出のあるまちについて語り合ったり、共感できる仲間とつながることができます。人によって多様な「駅やまちに対する思い入れ」を共有し、共感できるコミュニティを通じて、駅やまちを訪れる楽しみが増え、まちを拠り所にした心豊かな生活を送ることができるようになります。
 JR東日本とクオンによる企画・運営に加え、JR東日本の社員もコミュニティ内の交流に参加します。いちユーザーとしてイベントやまちの情報を共有することで、魅力的なコミュニティの構築に貢献してまいります。


 

3.コミュニティオープニングキャンペーンについて

 「JREオンラインステーション 山手線サークル」オープンを記念して、抽選で1,000名様に「JRE POINT 500ポイント」が当たるキャンペーンを実施いたします。

期  間:2021年10月14日10:00~12月15日15:00 
賞  品:JRE POINT 500ポイント  1,000名様
応募条件:期間中「JREオンラインステーション 山手線サークル」に1回以上コメントを投稿した方
※キャンペーン事務局にて厳正な抽選のうえ決定いたします。当選者の発表はポイントの付与をもって代えさせていただきます。
※JR東日本グループのさまざまなサービスで利用できるグループ共通ポイントです。駅ビルやエキナカでのお買いものや、JR東日本の鉄道利用などでポイントを貯めることができ、貯めたポイントは、駅ビルなどでのお買いものやSuicaへのチャージなどでご利用いただけます。JRE POINTのサービスをご利用いただくには、JRE POINTに会員登録(無料)する必要があります。
 

【参考】JR東日本およびクオンについて
(1) JR東日本について
 JR東日本はグループ経営ビジョン「変革2027」のもと、「鉄道のインフラなどを起点としたサービス提供」から「ヒト(すべての人)の生活における『豊かさ』を起点とした社会への新たな価値の提供」へと「価値創造ストーリー」の転換に取り組んでいます。


 

●JR東日本の「Beyond Stations構想」とは

 JR東日本は、これからも、ヒトの生活における「豊かさ」を起点として、リアルの交流拠点である駅の強みを活かしながら、JR東日本グループだからこそ提供できる新しいサービスをお客さま目線で創造し、駅をビジネスの発信拠点へ変革します。また、デジタル領域においてもお客さま一人ひとりと深くつながることで、One to Oneのアプローチも進めます。そのため、デジタル顧客接点となるプラットフォームの整備・強化を推進します。そして、リアルとオンラインがシームレスにつながる様々なサービスをJRE POINT(デジタル共通基盤)でつなぎ、JRE POINTを基軸としたロイヤルカスタマー戦略を推進します。これにより、JR東日本グループならではのデジタルトランスフォーメーションを実現しながら、既存の枠組みを超えてお客さまに提供する価値を最大化し続けていきます。

(2) クオンについて
 クオンはファンコミュニティを運営する会社です。“絆”のテクノロジーで、ファンを育て、ファンになる理由を明らかにします。ファンの声は、商品開発やCMに生かされ、経営会議や社員食堂にも届けられます。それはすでに始まっています。