PRESS RELEASE

郵便局などにおけるJR東日本「STATION WORK」の新規開業について

2021年10月20日 日本郵便株式会社/東日本旅客鉄道株式会社


 日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長兼執行役員社長 衣川 和秀/以下「日本郵便」)と東日本旅客鉄道株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 深澤 祐二/以下「JR東日本」)は、2018年6月12日に締結した「日本郵便とJR東日本の地域・社会の活性化に関する協定」に基づき、さまざまな分野で連携を検討、実施しています。
 このたび、働き方の多様化によりテレワークなどが普及する中で、地域・社会のインフラとして安心して働くことができるスペースを提供するため、JR東日本が提供するシェアオフィスサービス「STATION WORK」の一つである個室ブース「STATION BOOTH」を下記のとおり郵便局などに新たに開業します。

■設置場所

※1 2021年10月29日(金)18時の予約開始を予定しています。
※2 年末年始や設備点検時など、予告なく休業となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※3 大宮JPビルディングおよびJPタワー名古屋につきましては、ブース内の空調はありませんが、空調管理が
行き届いた空間に設置していますので快適にご利用いただけます。
※4 個人会員の登録には「STATION WORK」専用のWEBサイト(https://www.stationwork.jp/)からの登録が必要です。
   また、法人会員登録にはJR東日本との法人契約が必要です。

<参考> 「STATION BOOTH」について
 JR東日本が提供する全国約290カ所(2021年10月20日現在)のネットワークを有するシェアオフィスサービス「STATION WORK」の一つである、1~2名用の完全個室ブースです。
 専用Wi-Fi、電源などを個室内に備え付けており、お客さまが多様な働き方を実現できるようサポートしています。

以上

「STATION BOOTH」設置場所詳細

■新宿郵便局

■大宮JPビルディング

■KITTE名古屋(JPタワー名古屋)