PRESS RELEASE

STATION WORKは全国300カ所超のネットワークへ ~エキナカからマチナカへの展開により、多様な働き方を実現します~

2021年11月8日 東日本旅客鉄道株式会社

〇 JR東日本のシェアオフィス「STATION WORK」は、個室ブース「STATION BOOTH」やホテルシェアオフィスを中心に日本全国にネットワークを拡大しています。
〇 このたび、エキナカからマチナカへのSTATION BOOTHの設置をさらに加速させ、11月9日より300カ所を超えるネットワーク体制となります。
〇 STATION WORKは、様々な働き方に対応するため、エキナカのSTATION BOOTHのほか、ホテルやフィットネスジム、コンビニ、カフェ、郵便局などといったライフスタイルに欠かせないコンテンツとの融合を図り、更なるマチナカへの展開を進めます。

1.STATION WORK全国300カ所超のネットワークへ拡大

 STATION WORKは2020年度末の134カ所から急速に拡大を進め、2021年11月に新たに13カ所のSTATION BOOTHが開業することで、全国300カ所を超えるネットワークとなります。
 そして、これまでのエキナカ中心の展開から、マチナカへ広げることで、地域のみなさまにもより身近にご利用いただけるようになります。

2.今後新たに開業するSTATION BOOTHと2021年度の開業拠点

 11月9日以降、新たに吉祥寺駅や府中本町駅などの首都圏の通勤路線駅や郊外エリアへの展開を進めるほか、在来線特急、新幹線停車駅である甲府駅や小山駅などにもSTATION BOOTHを設置することで更なる利便性の向上を図ります。
 2021年度に入り、渋谷駅や中野駅といった利便性が高く、ニーズの高い都心エリアを中心に拠点の拡大を進めるとともに、フィットネスジムやカフェ、郵便局や空港といったお客さまのライフスタイルに欠かせないマチナカなどの施設への設置も進めています。また、広島合同庁舎やKITTE名古屋などJR東日本管外へのSTATION BOOTHの設置も積極化し、今後も全国規模での拠点拡大を目指します。

<今後新たに開業する13カ所のSTATION BOOTH>

<2021年度に開業したSTATION BOOTH>

※1 開業箇所・予定日は予告なく変更となる場合があります。
また、予約開始日などの詳細情報はSTATION WORK公式Webページ(https://www.stationwork.jp/)よりご案内します。
※2 開業箇所によっては「一般(会員登録なし)」の利用ができない場合もございます。ご利用の際は公式Webページなどからご確認ください。

3.今後のSTATION WORKの展開について~ライフスタイル提案型のシェアオフィスへ進化~

 STATION WORKはコロナ禍を契機として大きく変化する多様なテレワークニーズに応えるため、これまでの駅を中心とした展開だけでなく、ゆったりと1日個室で仕事ができるホテルとの提携をさらに進めていくほか、フィットネスジムやコンビニ、カフェといったライフスタイルに欠かせないコンテンツとの融合を図っています。
 そして、私鉄のエキナカや新幹線オフィスとの連携など鉄道をご利用のお客さまにもさらに便利にご利用いただけることはもちろん、官庁や郵便局をはじめとしたマチナカへも展開を広げていくことで、地域の皆さまにもますます便利にご利用いただける環境を整えます。

▶(参考)STATION WORKブランドについて