PRESS RELEASE

「駅弁味の陣2021」受賞駅弁決定! ~駅弁大将軍は山梨県の「ワインのめし」(株式会社 丸政)~

2021年12月16日 東日本旅客鉄道株式会社

〇 JR東日本では、今年で10回目となるJR東日本の駅弁頂上決戦「駅弁味の陣2021」を開催し、お客さまからの投票で最も評価の高かった「駅弁大将軍」に、山梨県の「ワインのめし」が選出されました。あわせて、「駅弁副将軍」など13賞13駅弁も同時に決定しました。
〇 投票チケットの二次元コードからのWEB投票および、直接公式WEBサイトにアクセスいただき、合計36,454票(昨年度22,319票)の投票をいただきました。
〇 アフターイベントとして受賞駅弁を集めた催事「宴」を2022年1月14日(金)から2月13日(日)まで開催予定です。会場や取り扱い駅弁など詳細については公式WEBサイトをご確認ください。
〇 これからもJR東日本は、「駅弁味の陣」などのイベントを通して各地域の魅力や駅弁の魅力を発信します。鉄道の旅とともに、またご自宅でも各地に思いを馳せながら、地域の魅力がぎっしり詰まった駅弁をお楽しみください。

■受賞駅弁の紹介

投票いただいたお客さまのコメント(抜粋)
・ワインのための駅弁というのが今までになく、とても面白い発想だと思います。(50代男性)
・一つ一つのおかずが味わい深く、とても美味しく食べられました。お品書きも楽しめました。(50代女性)

受賞駅弁会社コメント
このたびは、我々駅弁業界にとって大変名誉ある勲章を賜り、社員一同心より感謝申し上げます。
「ワインのめし」は、JR東日本社員のみなさまからの「ワイン県、山梨らしいローカル色豊かな車窓の景色を見ながら駅弁を」というご提案をそのまま駅弁として作らせていただきました。名誉ある賞をいただき本当にありがとうございました。


受賞駅弁会社コメント
かつて直江津地域で盛んに食べられていたにしんの味を再現すべく、この「にしんめし」の開発に至りました。当時の味を再現することに大変苦労しましたが、懐かしくもあり、お酒が進む、港町直江津らしい新作駅弁が完成しました。
職人が“時間と手間と想い”を込めた直江津の味をどうぞお召し上がりください。



その他の受賞駅弁を含め、「駅弁味の陣2021」の受賞駅弁は別紙をご参照ください。

■各賞の紹介

■「駅弁味の陣2021」について
 秋の行楽シーズンに合わせ、鉄道の旅に欠かすことのできない「駅弁」の魅力を発信し、観光創造や地域産業の活性化を図ることを趣旨としています。さらに、コロナ禍では思うように移動もできないことから、ご自宅でも駅弁を楽しんでいただきたいというメッセージを込めて、首都圏近郊での催事販売も開催いたしました。
 また、駅弁味の陣を開催して今年で10周年を迎えることから、第1回から第9回までに駅弁大将軍・駅弁副将軍を受賞した歴代の駅弁の中から、10周年記念賞を選んでいただきました。同時に、投票をいただいたお客さまの中から抽選で賞品が当たるキャンペーンも実施しました。 

〇開催期間    2021年10月1日(金)~11月30日(火)
〇主催      東日本旅客鉄道株式会社
〇エントリー商品 計67品
〇公式WEBサイト  http://www.ekiben-ajinojin.com/

別紙
■受賞駅弁一覧