PRESS RELEASE

「ToMoRrow Gallery 高田馬場」で西アフリカの文化や街並みを感じる作品展示を開始します!~exhibition vol.3 西アフリカの街 by colophon folk art(コロフォン フォーク アート)~

2022年4月14日

● JR東日本では、山手線を起点に、まちの個性を引き出し、まちや人が有機的につながる 心豊かな都市生活空間「東京感動線」を創り上げていく取り組みを推進しています。
● 高田馬場駅にある「BECK’S COFFEE SHOP高田馬場店」店内に併設されているアートギャラリー「ToMoRrow Gallery」において、アーティストが人の目を惹くポスターや看板を制作する、西アフリカ独自の文化「サインアート」や、カメルーンの少数民族の少女が身に着けるビーズや貝で製作されたビンテージのエプロンなどを展示・販売します。
● マリ・ブルキナファソ・ガーナ・ベナンなどを中心に、感覚(主に美的感覚)に基づいて広域的に広がり共有されている、これら独創的な文化を伝えながら、西アフリカの文化や街並みを感じられる展示を展開します。
● 作品に掲出されている2次元コードを読み込むと、作家や作品の情報を見ることができる他、気に入った作品はJREMALL内「東京感動線ショップ」で購入ができるようになっています。

■拠点・概要
(1)場  所 :高田馬場駅早稲田口改札外 BECK’S COFFEE SHOP 高田馬場店内
(2)展  示 : 「Vol.3 西アフリカの街 by colophon folk art 」
(3)期  間 : 2022年4月15日(金)~7月15日(金)
(4)営業時間 : 6時30分~21時00分
 ※新型コロナウイルスの影響により営業時間を変更する場合がございます。
 ㈱JR東日本クロスステーションのホームページからご確認ください。
 https://www.jr-cross.co.jp

■作家
colophon folk art(コロフォン フォーク アート) https://colophon.jp 

● colophone folk artは、アフリカで培われてきた多様な文化とそのストーリーを感じる展示を企画し、西アフリカを中心としたフォークアート(土地固有の文化から生まれたアート)・トライバルアート(先住民族の式典にて使用された盾やお面、貨幣、アートなど)・作家作品・装身具などを紹介します。
 代表の丸山有紀子が直接現地へ赴き一つ一つ選んだ、伝統と感性が織りなす唯一無二な作品を包括的に提案します。

■ToMoRrow Gallery アートディレクション
MELTedMEADOW (メルメ) https://meltedmeadow.com

● MELTedMEADOW(通称:メルメ)は東京を拠点に活動するディレクター柳瀬正義と吉野真央の2人組のアートディレクションユニット。
● アートスペースを日常的な場所に出現させることで、場所や都市の新たな可能性を発掘する事を主なプロジェクトとしている。
● その他、商業施設の企画制作、ブランディングなどを行う

■「東京感動線 / TOKTO MOVING ROUND」について
● 山手線は、世界的にもユニークな地上を走る都心の環状線であり、歴史的・文化的に多様な個性のまちとまち、人とひとをつないでいます。
● 当社では、移動を含めた日常生活の利便性を高めるサービスに加え、多様なまちや人の個性を引き出し、駅と駅、駅とまち、人とまち、人と人のつながりを創り出すことで心豊かな都市生活空間を創造してまいります。

「東京感動線」 公式ウェブサイト・SNSアカウント
 〈公式ウェブサイト〉
 https://www.jreast.co.jp/tokyomovinground/
 〈Twitter〉
 https://twitter.com/tokyo_moving_o/
 〈Instagram〉
 https://www.instagram.com/tokyomovinground/
 〈Facebook〉
 https://www.facebook.com/tokyo.moving.round.jp/
 〈ハッシュタグ〉
 #東京感動線 #TokyoMovingRound

  • 現在関連する記事はありません。