PRESS RELEASE

第2回ピッチコンテスト「K,D,C,,,Food Challenge」を開催します! ~「SDGsで注目の高まるアップサイクル食材の価値創出」をテーマとした、 食品のプロダクトやアイデアを募集します~

2022年5月11日 東日本旅客鉄道株式会社 東京支社

〇新大久保駅の直上に位置するフードラボ「Kimchi, Durian, Cardamom,,,(キムチ、ドリアン、カルダモン、、、)」(以下、K,D,C,,,)を食の交流拠点として、食に関わる様々な人の交流を促進しながら、新たなフードビジネスや食文化を創発する拠点となることを目指し、様々な取組みを行っています。
〇この度、Future Food Fund株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:松本浩平)、株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役:家入一真)、株式会社オレンジページ(本社:東京都港区、代表取締役社長:一木典子)と共催で、第2回ピッチコンテスト「K,D,C,,, Food Challenge」を開催します。食分野の新しい挑戦の種を見つけ、育てていくことを目的に、SDGsで注目の高まるアップサイクル食材の価値を創出することを実現する、新たな食関連のプロダクトや試作可能なアイデアを募集いたします。
〇最終審査は、6月17日に「K,D,C,,,」4階にてプレゼンテーションと試食審査を行います。さらに、受賞商品は、6月24日のアップサイクルの日に合わせ、3階フードホールでお披露目イベントを開催します。昨年実施しました第1回のピッチコンテストの受賞者等もアップサイクル商品を持って出店いたしますので、新大久保「K,D,C,,,」がアップサイクル商品で盛り上がる3日間となります。

1.開催概要
■名  称:K,D,C,,, Food Challenge
■応募資格:食品(外食および包装された小売り向け食品)のプロダクトまたはアイデアを持ち、新たな展開を考えているベンチャー企業の方々および個人
 ※実際にプロダクトがある、または試作できていることが応募条件となります。
■テーマ:「SDGsで注目の高まるアップサイクル食材の価値創出」
■応募方法:「K,D,C,,,」公式ウェブサイト内特設ページにある応募エントリーシートを入力し送付
 ※その他詳細については、「K,D,C,,,」公式HP内特設ページをご確認下さい。
 特設ページ https://kdc-foodlab.com/event/kdc-food-challenge2022/

2.開催スケジュール ※予定が変更になる場合がございます。
■エントリー期間:2022年5月12日(木)0時00分~20日(金)正午まで
■一次審査結果発表:2022年5月27日(金)
■最終審査:2022年6月17日(金)
 (「K,D,C,,,」4階にて、審査員の前でプレゼンテーションを行います。)
■お披露目イベント :2022年6月24日(金)~26日(日)
 (「K,D,C,,,」3階を利用し、受賞商品のお披露目イベントを開催いたします。)

 


【前回の様子】

 

3.審査員・特典
■審査員:「K,D,C,,,」サポート企業・メディア関係者等が行います。
■受賞者特典:採択された企業、個人の方へは、商品の社会実装に向けた支援などを行います。

4.開催・協力
■開催:Future Food Fund㈱/㈱CAMPFIRE/㈱オレンジページ/JR東日本 東京感動線 4社による共催
■協力:㈱CO&CO/㈱インテンション

〇Future Food Fund株式会社について
 Future Food Fund株式会社は、2019年8月に日本の食のスタートアップエコシステムを作る為に、フードイノベーション領域に特化した国内外のスタートアップ企業への出資を目的としたCVCファンドを運営する投資子会社として、オイシックス・ラ・大地株式会社により設立され、現在、Future Food Fund 1号投資事業有限責任組合を運営しています。同組合(ファンド)のパートナー企業とともに、国内外の先進的な食・農・ヘルスケア領域への積極的な投資と、販売や商品開発などの支援も可能としており、日本国内で、スタートアップ企業を支援するエコシステムの構築を目指しています。
(「Future Food Fund」サイトURL:https://futurefoodfund.co.jp/

〇株式会社CAMPFIREについて
 国内最大の購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在までに64,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ750万人以上、流通金額は590億円に達しました。一人でも多く、一円でも多く想いとお金がめぐる世界を目指して、CAMPFIRE経済圏をつくっていきます。

〇株式会社オレンジページについて
 雑誌『オレンジページ』他雑誌・書籍の出版をはじめ、マーケティングによる情報提供サービス、生活雑貨を中心とした通販、「食」と「暮らし」を中心としたイベント・講座の運営、商品・サービス・地域等の“生活実装”に向けたコミュニケーションデザインおよびマーケティング支援など、生活を軸に多方面で事業を展開。

■「東京感動線/TOKYO MOVING ROUND」について
〇山手線は、世界的にもユニークな地上を走る都心の環状線であり、歴史的・文化的に多様な個性のまちとまち、人と人をつないでいます。
〇当社では、移動を含めた日常生活の利便性を高めるサービスに加え、多様なまちや人の個性を引き出し、駅と駅、駅とまち、人とまち、人と人のつながりを創り出すことで、心豊かな都市生活空間を創造してまいります。

「東京感動線」 公式ウェブサイト・SNSアカウント
公式ウェブサイト https://www.jreast.co.jp/tokyomovinground/
Twitter https://twitter.com/tokyo_moving_o/
instagram https://www.instagram.com/tokyomovinground/
Facebook https://www.facebook.com/tokyo.moving.round.jp/
ハッシュタグ #東京感動線 #TokyoMovingRound