PRESS RELEASE

「学校の勉強が面白くなる!」職業体験商品を試行販売します!! ~学習指導要領と連係させた駅員体験・乗務員体験を小学生向けに販売します!~

2022年7月21日 東日本旅客鉄道株式会社

〇 JR東日本ではこのたび、「学校の勉強が面白くなる体験」をコンセプトに、職業体験を通じて小学校の勉強への興味・理解が深まるような新しい体験商品を試行販売します。第1弾として、東京駅での駅員体験と、東京エリア内の2つの運輸区での乗務員(運転士・車掌)体験を当社ECサイト「JRE MALL」で販売します。
〇 本体験商品では、職業体験と最新の学習指導要領(※)を連係させ、座学や解説、クイズ、体験後の振り返りを通じてお子さまの学校の勉強への興味・理解を深めます。
〇 今後は、試行販売の結果を踏まえ、幅広い分野の学習コンテンツを提供できるようシリーズ化を目指していきます。

※ 文部科学省が定める教育課程(カリキュラム)の基準

1.体験商品の特長
文部科学省の調査研究(※)にて、小学生の頃の多様な体験はその後の成長に良い影響を与え、職業体験についても学校の勉強への前向きな姿勢につながることが分かっています。
本商品では体験の学習効果を最大化させるため、従来の職業体験だけではなく、最新の学習指導要領と連係した座学や振り返りを加えた体験学習を提供します。「体験」では、お子さまにとって非日常的な仕事の現場の体験を通じて知的好奇心を喚起し、「座学」では、楽しい解説やクイズなどを通じ、学校の勉強と社会とのつながりを伝えます。最後の「振り返り」では、その日に学んだことをアウトプットすることでより確かなものとし、その後の勉強への意欲を高めます。

※ 文部科学省「令和2年度 体験活動等を通じた青少年自立支援プロジェクト」

【職業体験と学校の勉強をつなぐポイント】

2.体験商品の紹介
(1)8/20・21開催「東京駅で駅員体験学習! ~駅の仕事の今と昔~」
 改札の仕事等を題材に、鉄道の安全や定時運行を守るための秘密や、情報技術の発展と改札業務の変化を知ることで、小学校5年生の社会科の理解を深めます!
日 時 2022年8月20日(土)・21日(日) 両日とも10時~12時
場 所 東京駅
価 格 親子1組9,000円(小学生のお子さまと18歳以上の保護者の方の2名)
販売数 各回8組16名
発売日 2022年7月21日(木)

【学べること】

・電車の安全や定時運行を守るために駅ではどのような仕事をしているのだろうか?
・駅の仕事は情報技術の発展によってどのように変化してきたのだろうか?
・情報技術を使ってどのような新しいサービスを提供しているのだろうか?


(2)8/27開催 大田運輸区「乗務員のお仕事にチャレンジ!~みんなで安全を作ろう!~」
運転士・車掌の2つの仕事について、運転シミュレーターを使って体験するとともに、電車が動く仕組みを知ることで、小学校3~5年生の理科を身近に感じながら学べます!
日 時 2022年8月27日(土) ①10時~12時30分、②14時~16時30分
場 所 大田運輸区(蒲田駅徒歩3分)
価 格 親子1組12,000円(小学生のお子さまと18歳以上の保護者の方の2名)
販売数 各回4組8名
発売日 2022年7月21日(木)
【学べること】

・事故を防ぐためにどのような訓練を行っているのだろうか?
・電車にはどのように電気が流れているのだろうか? 
・電車のモーターはどのような仕組みで回っているのだろうか?


(3)9/19開催 綾瀬運輸区「常磐線から鉄道のお仕事を知ろう!」
 運転士・車掌の2つの仕事について、運転シミュレーターを使って体験するとともに、鉄道運行を支える他の様々な仕事に触れながら、理科や算数を楽しく学べます!
日 時 2022年9月19日(月・祝) 午前・午後の2回予定
場 所 綾瀬運輸区(綾瀬駅徒歩7分)
価 格 親子1組13,000円(小学生のお子さまと18歳以上の保護者の方の2名)
販売数 各回6組12名
発売日 2022年8月22日(月) ※体験商品の詳細は現在検討中です。

3.購入方法
 JRE MALLの商品カテゴリー「職業体験学習」からお求めいただけます。
上記3つの体験商品のほか、土木工事などの体験商品も先行販売しています。
 URL:https://www.jreastmall.com/shop/w/w90/

<参考>
本事業は当社グループにおける公募制の新事業創造プログラム「ON1000(オンセン)」で社員が提案し採択されたものです。

新事業創造プログラム「ON1000(オンセン)」について
 「ON1000」は、JR 東⽇本グループの社員⼀⼈ひとりが、未来への想いを事業化していくプログラムです。2017 年度に開始したオープンイノベーション型のビジネス創造活動「JR 東⽇本スタートアッププログラム」と並⾏し、JR 東⽇本グループ内からも新事業創出を実現する「ON1000」の実施により、イノベーションが継続的に⽣まれる仕組みをつくり、「変⾰2027」の達成を⽬指します。
 数多くの新事業(1000のアイデア、100の新事業)が次々と生み出されるようにという想いを込めて、「ON1000(オンセン)」と名付けました。
 URL:http://www.jre-on1000.jp