PRESS RELEASE

四国エリアの新たな働き方を提案します ~個室型ワークプレイス「STATION BOOTH」 4県同時OPEN!! コワーキングスペースも展開~

2022年9月20日 東日本旅客鉄道株式会社/四国旅客鉄道株式会社/四国キヨスク株式会社

〇 東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤 祐二/以下「JR東日本」)と四国旅客鉄道株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役社長:西牧 世博/以下「JR 四国」)および四国キヨスク株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役社長:寺川 隆裕/以下「四国キヨスク」)は、四国エリアにおけるテレワークやWEB会議といった多様な働き方をサポートするため、連携して新たな働き方を提案します。

〇 2022年9月29日(木)に、高松駅・松山駅・徳島駅・高知駅の駅構内に1名用個室ブース「STATION BOOTH」を開業します。WEB会議や集中した作業に最適な完全個室ブースで、多様な働き方をサポートします。

〇 またJR東日本のシェアオフィス事業「STATION WORK」はJR四国が運営する簡易宿所「4S STAY阿波池田本町通り」のはなれを利用したコワーキングスペースとの提携を開始します。これによりSTATION WORK会員は、2022年10月下旬から同施設を利用可能となります。

〇 今後は、ホテルシェアオフィスや地元のコワーキングスペース等とも連携し、四国エリアにおいて、働く場所に捉われない「新しい働き方」の実現を目指します。

1.新たな働き方の提案について

 JR東日本とJR四国は、コロナ禍で大きく変容した働き方の変化を捉え、働く場所に捉われない「新たな働き方」の実現を目指します。
 四国エリアの各県庁所在地駅に「STATION BOOTH」を設置するほか、簡易宿所「4S STAY阿波池田本町通り」と「STATION WORK」が提携します。さらに、将来的には地元のコワーキング施設等とも連携を行い、四国エリアにてシームレスなワークプレイス環境を展開していきます。

2.具体的な取組について

STATION BOOTH設置場所詳細

※1 予約開始については、開業日前日の18時を予定しております。
※2 年末年始や設備点検時など、予告なく休業となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※3 会員には個人会員と法人会員があります。個人会員の登録にはSTATION WORK専用WEBサイト(https://www.stationwork.jp/)からの登録が必要です。法人会員の登録には、別途JR東日本との法人契約が必要です。
※4 今回のSTATION BOOTHを非会員にて利用(電子マネー決済)の場合は、JRE POINTの付与対象外となります。(ICOCAポイントが貯まります)
※5 会員による予約利用はクレジットカード決済などになります。非会員によるご利用は、Suica、ICOCAなど交通系電子マネー決済となります。
※6 詳細はSTATION WORK WEBサイト等でご案内いたします。

3.「4SSTAY officeはなれ」について

 JR四国が運営する簡易宿所「4S STAY阿波池田本町通り」のはなれを利用したコワーキングスペースが、10月下旬に「STATION WORK」と提携を開始します。コワーキングスペースは阿波池田駅から徒歩8分の「4S STAY阿波池田本町通り」の敷地内にあり、宿泊者だけでなく、一般のお客さまもご利用いただけます。Wi-fi、モニター、HDMIケーブルも完備しており、会議、リモートワークなど、幅広い用途で活用いただけるスペースです。

<4S STAY office はなれ 概要>
所在地:徳島県三好市池田町マチ2467-1
営業時間:11:00~18:00(月曜定休)
座席数:6席

参考.STATION BOOTHについて

 STATION BOOTHは、JR東日本が展開するシェアオフィス事業「STATION WORK」の個室ブース型シェアオフィスです。仕事や学習に必須であるデスク・Wi-Fi・電源などが整備されており、小規模ながらも静かで快適な空間を提供しています。提携先ネットワーク含め全国約569カ所でご利用いただけます。(9月29日時点)