PRESS RELEASE

鉄道開業150周年を記念して、 京都・老舗「一澤信三郎帆布」と 紀ノ国屋とのダブルネームかばんを数量限定で発売。

2022年10月12日 株式会社紀ノ國屋


株式会社紀ノ國屋(本社:東京都新宿区市谷砂土原町3丁目5番地 代表取締役社長:富田 勝己)は、鉄道開業150周年を記念して、京都・老舗「一澤信三郎帆布(京都市・東山区)」とのダブルネームかばん&ポーチ全3種、各50セット(限定150セット)を、JR東日本グループが運営するショッピングモール「JRE MALL」で10月14日より数量限定で発売します。

150周年の限定商品だからこそ、「長く愛用していただけるような商品を作りたい」という想いから一澤信三郎帆布さまとの企画が実現しました。
かばん、ポーチ共に表面には「鉄道開業150周年」のロゴ(橋梁(きょうりょう)を走るSL)をプリント。
裏面にはKINOKUNIYAロゴと一澤帆布の織ネームが縫い付けられています。
カラーはブラック、ナチュラル、グレーの3色展開。

【商品概要】
●商品名:一澤信三郎帆布×紀ノ国屋  鉄道150周年かばん&ポーチ (ブラック、ナチュラル、グレー)
●価 格:¥15,000(税込)●素 材:綿
●サイズ:(かばん)タテ29×ヨコ(上/下)39/31×マチ8 cm、持ち手の長さ:47cm 重さ:約350g
     (ポーチ)タテ16.5×ヨコ22.5×マチ2.5 cm
●販売箇所:ショッピングモール「JRE MALL」
【JRE MALL】e-shop KINOKUNIYA JREMALL店|JRE MALL (jreastmall.com)

一澤信三郎帆布とは…

創業1905年の京都・老舗帆布かばん店。特別に織られた良質な帆布を使って、100年以上変わらない、職人の手仕事による「手間ひまを惜しまない」かばんづくりを続けています。「京都で作って、京都で売る」をモットーに、自分たちの目の届く範囲で、丁寧なものづくりをし「使い手の顔の見える商い」を行っています。