PRESS RELEASE

STATION WORKと沖縄のラウンジ「howlive」との提携がスタート! ~沖縄最大級のコワーキング施設がご利用いただけるようになります~

2023年1月16日 東日本旅客鉄道株式会社/株式会社マッシグラ沖縄タイムス

〇 東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社⾧:深澤 祐二、以下「JR東日本」)のシェアオフィス事業「STATION WORK」は、株式会社マッシグラ沖縄タイムス(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:金子智一、以下「マッシグラ沖縄タイムス」)が運営するコワーキングスペース「howlive(ハウリヴ)」との提携を開始します。
〇 これによりSTATION WORKの会員は、2023年1月18日(水)より、コワーキングスペース「howlive」の全5拠点をご利用いただけるようになります。「howlive」は、リモートワークからワーケーションなどあらゆるニーズに対応した創造性や生産性を高められるフレキシブルオフィスです。
〇 今回の提携により、STATION WORKのネットワークは約650カ所となります。今後も、全国47都道府県への拡充を図り、2023年度1,000カ所の展開を目指します。

1.提携概要

※1 個人会員の登録にはSTATION WORK専用WEBサイト(https://www.stationwork.jp/)からの登録が必要です。
法人会員登録には、JR東日本との法人契約が必要です。
※2 ご利用できるエリアは各店舗のコワーキングスペース(共用部分)のみです。各種貸出備品につては数に限りがございます。
※3 拠点ごとに営業時間が異なりますので、プラン詳細はSTATION WORK専用WEBサイトをご覧ください。
支払い方法は、STATION WORK専用WEBサイト登録済クレジットカードよる事前決済となります。

2.「howlive」について

 「howlive」は、沖縄県内5箇所に展開するシェアオフィス・コワーキングスペースです。ビジネス街のみならず、ビーチリゾートエリア、大型ショッピングモール内、離島エリアなど、多様な沖縄県の魅力を働きながら楽しむことができる立地と高いITセキュリティ環境、高生産性を発揮できるオフィス空間が特徴で、シェアオフィスのみならずワーケーション施設としても県内外の方々に幅広くご利用いただいています。
 沖縄での魅力あふれるテレワーク・ワーケーションを、日本全国のビジネスパーソンに体験していただくことを目指してまいります。(Webサイト: https://howlive.jp/

(参考)STATION WORKについて

 STATION WORKは、2019年8月にサービスを開始したJR東日本のシェアオフィス事業です。個室ブースSTATION BOOTHや、ホテルシェアオフィスを始めとするワークプレイスを提供することで、多様化する働き方をサポートし、ソリューションを提案していきます。今回のマッシグラ沖縄タイムスとの提携により、日本全国約650カ所のネットワークとなります。2023年度1,000カ所体制に向けて、今後も拠点拡大を進めます。